Coffee Break

半年ぶりの実家②.

母親と買い物に行くのでレンタカーを借りる為、
久しぶりに街中(旧商店街)を歩いた時のことですが、
旧実家のあった商店街は(40~50年前は一番賑わっていた通り)
数件商売をしていましたが空地も多く、
一般的にいわれるシャッター通りと化していました。
旧実家も昔は小さなスーパーをやっておりましたが、
父親が亡くなった後、働いていた人も母親も高齢になってきた為
数年後に廃業しました。
ところが、
自分たちが通っていた小学校のまん前にある文房具屋だけは
ほぼそのままの店の状態で商売を続けてました。
小学校の前の通りも旧国道で新バイパスが違うルートに出来てからは
交通量もかなり減っております。
普通の文房具屋さんで、売っているものは
ノート、鉛筆、画用紙、スケッチブック、書道用具等々中心です。
他の知っている店のほとんどが移店や廃業する中で
40年以上たった今でも同じ形態で商売を継続していることが
不思議でありとても凄いことだと思いました。
ここシェアーズも地道に継続したいと思います。


[12.01.16]