Coffee Break

たいにあらず

会社から最寄りの駅までの途中にある商店街にはたい焼き屋さんがあるのですが
その前を歩いてて唐突に思い出しました!完全に忘れていたのに!匂いは記憶のスイッチ!

年末に実家へ帰った時、できれば立ち寄りたいたい焼き屋さんがあります
そこは子供の時から営業しているたい焼き屋さんで
一番古い記憶で1個70円、今は120円、ずっとそこのおばあちゃんが焼いていました
皮はパリパリタイプあんこは尻尾にむけて少なくなっていく正統派
柔らかいたい焼きも嫌いではないけどやっぱ違う
実家に帰ると食べたくなる食べないといけない気がする
そんなある意味ソウルフード
今回はそれを買いに行けた訳です

が、たい焼きを焼いているのはこんなこと言ってほんと申し訳ないんですが
どう見てもさえないお兄ちゃん、見た目の年齢からすると孫!
大丈夫なのかこの人でと思いつつも購入して帰宅

家族みんなそのたい焼き屋さんのたい焼きが好きなので
みんなで食べようとたい焼きを袋から取り出してみると
「な、なんだこれ!しっぽからあんこがめちゃくちゃはみでてる!」
「とりあえず生地であんこをとじられてないよね」
「なんかこの鯛すごく色黒なんですけど……」
「バリが大きすぎてもはや鯛の形を成してない……」
正直これを売り物として出していいのか……
いやありえない!!こんなのダメでしょう!
とかいいつつもモグモグ食べる訳で
しかもそんなことがあったとすっかり忘れていた訳で

今年の年末はちゃんと鯛が出てくるのでしょうか


[13.03.14]