Coffee Break

パクチーの回

基本出されたものは残さず食べる主義ですが
やっぱりできれば食べたくない物もある訳で
その中でパクチーといえばその草代表とも言えるもの
今までなるべく避けてきた道だったのですが
先日、パクチー好きという友人と3人でタイ料理に行くことになりました

もちろんダメだったら全部そっちに回してしまえばいいという前提でいるので
全然お気楽です、もう一人もほぼ同じ考え
色々な物を頼んでお酒を飲みながらパクチー(の入った料理)を待ちます
そしてついにパクチー登場、まずはパクチー好きがパクリ
「ああ、これは優しい感じです」
恐る恐る口にする二人……
おっ!これなら食べられる!いける、ぜんぜんよゆう
なんか普通に食べられるようになりました
むしろタイ料理辛いのが恐い

とか思ってると翌週にベトナム料理を食べに行くことに
ベトナム料理といわれてもフォーだかフォウだかしか知りません
そして目的はパクチーです、どうしてこうなった・・・
お店に入ってまず驚いたのが異様にうるさい、ほんとうるさい
高校の時の教室と同じレベル
(と、思ったけどそんだけうるさいってことは間違いなく授業聞いてなかったな)
話が全然聞こえない、それと女性客が非常に多い
そして出てくるパクチー今回もまずパクチー好きがパクリ
「前回よりも中級者向けです」
ふふふパクチーレベルの上がった今、そんなもの余裕なのです!
!? うん、普通に食べられるようになりました
ベトナム料理の方が辛くなくて好みです
フォーもおいしかった

そして先日また次のお誘いが来ました
いつのまにかこの集まりは『パクチーの会』という名になった模様
なんか今まで食べなかったジャンルの物を食べるのは楽しいですね

しかしセロリ、てめーはダメだ


[13.11.14]