Coffee Break

仕方がないがもったいない

2か月前だか3か月前のお話
建て直し前の国立競技場、最後の音楽イベントに行きました

娯楽の中にスポーツ観戦はないので国立競技場には基本的に用がありません
ライブやるとかも今までで数組しかやってないので縁がありません
なので初の国立、サッカーのイメージしかないので楽しみにしていました

席はスタンド後方、東京ドームから比べればほとんどの場所で
「あ、思ったより近いじゃん!」となりますが
席からステージへの一直線上にスピーカー用の柱が……
つまりステージがほぼ見えない!
ファンクラブ先行でチケット取ったのになんという仕打ち!

ということでステージ上はほとんど見えなかったのですが
その景色はなんともいえない異空間でした
陽が落ちて周囲がうす暗くなると、ステージの向こうにそびえるは光瞬く新宿副都心のビル群
視線を少し落とすと多分高精細のLEDディスプレイで流れるドラッギーな映像と
飛び乱れるレーザーそして爆音で流れる音楽、これはなんなのか
素晴らしく面白い光景を今見ているなーこんな面白い光景見られるならもっと早く来るんだったなー
なんて思いました、こんな事考えられるのもメインステージがさっぱり見えないが故なんですが!

来たる東京オリンピックに向け生まれ変わって今度は全天候型になるとかなんとか
天井ができちゃうということはもうあの光景を観ることは多分できません
色々考えるとそういう結果に行き着くのは当然のことなんだろうけれど
なんだかもったいないですね(今更感)

こんな感じ


[14.08.06]