Coffee Break

夏の風物詩

夏の風物詩といえば、海水浴とか花火大会とかーというイメージなのですが
今や『野外音楽フェス』というのも加えられてるとかいないとか
なんかこう、語感どうしが全くかみ合わない気がしますが
物にお金を使わない、体験にお金を使う現代の人たちには今やこれも風物詩な訳です
(と、コラムだかブログで見ました)
ああ!ライブ感!
そんな野外フェスという夏の風物詩のひとつに今年は行くつもりなかったのですが
友人がチケット余らせて困ってる、と話が来たので参加することになりました

天気予報は曇りのち一時雨、ジョギングの速度で台風がフェスに参加しようと北上中
おかげで天気は暑すぎず、寒くもなく、でもどんよりしてるというわけでもないので
朝にみんなで買った雨合羽をあえて車中に置いてくるという蛮勇

今回はこの人のライブが絶対観たい!と意気込んでる訳でもないので午後に到着して即お昼
あくまでライブがメインですが、遠くで誰かが歌ってるのをBGMにまったりしながら
食事したり計画を練る時間はなかなか楽しいです
あ、ふと思いましたが、この感覚は万博です。周りには同じ目的のちょっと浮かれた人たちがいて
休憩しながら「じゃあ次はあそこのパビリオン行ってみようかー」とか言ってぞろぞろ移動する感じ
千葉の某国ではなく万博、そんな感じ

二組ほどライブを観て、やっぱり雨が降ってきました、友人たちは雨合羽を着始めます
結構降ってるけど大粒じゃないから平気です、帽子かぶってるし
次第に気温も下がってきて友人の一人が「寒い」しか言葉を発しなくなりました
でもタオル首に巻いているだけで結構大丈夫

寒いのでまた休憩とろうと移動しながらもその途中にあるステージのライブを観たり
あったかいカレー食べて気持ちを上げようとしたらカレーがぬるくて余計気持ちが落ちたり
そんなことをしてるうちに雨は上がり、陽も落ち、その日最後のライブが始まりました
なんでなのかわかりませんが、曲の合間になると涼しい横風が吹き、とても気持ち良かった
屋外だしそんな機械があるようにも見えなかったので自然風だと思うのですが
そんなタイミングよく吹くものなのかと友人と話をしながら見上げた花火が
猛烈なスピードで横にスライドしていくのを見て「自然風だな」ということになりました
そしてこのライブ40分間だけでおなかが筋肉痛になりました
あと、あまりにも暑くなかったせいで、スイーツ系食べるの忘れてた!
くやしかったので帰りのSAで食べようと思ったらお店が閉まってた!

第1週末はお客さんの町で花火大会を観て、その翌週には音楽フェスを楽しみ
そしてお盆休みに突入だなんて充実しまくりかと思われましたが
お盆休みに充てようと思っていたお金を音楽フェスに充てたため
お盆休みは部屋でひとり、床に座って過ごしました……


[14.08.22]