Coffee Break

今さら気づく

先日、よく行く書店で、昔二人組だった作家さんの本が面陳で店頭に並んでいました

うわーすげえことするなーそういえば前も結構前の本平積みにして猛プッシュしてたよなこの本屋さん
担当の人すげえなどんな人なんだろ実際これも何年前のだよ二人の時って相当昔だよってやっぱり
20年前の作品じゃんこれ

まで考えたところでふと気づきました
あ、これ本だと全然おかしくないわ
よくよく考えてみれば、一番好きな小説は自分の生まれる前に書かれたものだし
さらに言えばもっともっともっと昔の作品だって読んだり授業で習ったり
名作に歳月なんて関係ないよなーそうだそうだ

と、思ったところで
じゃあ20年前に近代文学、現代文学として読んだり授業を受けたりしたものは
今いったいなんだろう?現代は今も現代なのか、近代は今も近代なのか
気にはなりましたが現時点でまだ何も調べてはいません

芸術と括ればいいのかわかりませんが映画、絵画、文学は時々の流行はあれど
良かったものが良くなくなるというのはあまりない気がします
(音楽もそうだと思いますが流行が強い気もします)

じゃあゲームってどうなんだろう?
昔のゲームは今遊んでも思い出補正抜きでおもしろいのかな?
昔のゲームを最近触ったことがないからわからん!

なんてことを新刊コーナーで平積みにされた本を見ながら考えました

ちなみに上記の作家さんがコンビ解消前に書いた最後の作品はゲームがらみの内容ですが
今読んでも変わらず面白いと思います(25年前に書かれたものです)


[14.10.07]